2021年4月24日土曜日

U-MODS あれこれ

 


はい。今回はぱっと見では伝わらない秘密を探ってみましょう。


まずはサイズの比較。

とりあえず私物の怪しい色のやつで。

他のハイエンドMODと比較するのは角が立ちそうなので…

マスプロの王様にいらしていただきましょう。

はい、だいたいみんな持ってるぎんいろのやつ。



こうして見るとどっちもピコよりちょっと大きいくらいのサイズ。

Crypticは単品画像見ると特に大きく見える気がしますけど…割と錯覚です。

注目していただきたいのはケツの部分。



こちら側から見ると…実はピコが一番大きいんですよ。


Regulaは丸みを帯びて上に向かって緩やかな曲線を描いています。

Crypticは足の部分はストレートに近い形。上から見るとぎゅっとくびれていますね。


そしてRegulaはUSBの口があります。

Crypticは足がさらにスリムになっているのでUSBの口はありません。

(実はその関係でCrypticの方が若干安かったりします。)


人間の指はだいたいの方が中指から先は順に短くなっているわけで…

そして指がかかる部分やスイッチの位置が低くなればさらに力をかけやすくなっている方が当然持ちやすいと。そういう事です。



次はアトマイザーを乗せた様子を見ていただきましょう。


Regula on Achilles

アトマイザーが少し埋まる感じにマウントされます。スプリング式です。

エアフローが見えない感じになっても微妙に外に広がっている形状なので問題なく吸えます。


Achilles on GINIRO

あのノッポのAchillesさんが見事に埋まっていますね…!

MODから直でドリップチップ生えてるようなバランスです。

Achillesより短いアトマイザーだとCrypticにはちょっと向かないかもしれません。


パチャブラムonダック。

FEVにFuji。


実はいつからだったのか覚えていませんが、ユーザーからの要望により、

23mmまで載せられるようになっています。主にFEVのため。

前のバージョンは22mmです。

私の黒いやつの方には載りません…ぐぬぬ。



U-MODSはアート(デザイン性)と実用性の両立をコンセプトに制作されています。

モダーの思う理想を実現しつつもユーザーからのフィードバックを反映してより使いやすく仕上がってきたのです。

初期の頃と比べるとアトマイザーマウント部の変更だけでなく、+ーボタンもより押しやすいように改良されています。

(というかボタンの改良が実行されたので仕入れを決めました)


今が旬です。いかがでしょうか。

いい感じに仕上がってます。

0 件のコメント:

コメントを投稿